侯孝賢(読み)こうこうけん

百科事典マイペディアの解説

侯孝賢【ホウシャオシェン】

台湾の映画監督。広東省生れ。1歳の時台湾へ移住。国立芸術専科学校卒業後,映画界入り。監督第1作は《ステキな彼女》(1980年)。《川の流れに草は青々》(1982年)で台湾ニューウェーブの代表的存在として注目される。その後《冬冬(トントン)の夏休み》(1984年),自伝的作品《童年往事・時の流れ》(1986年),《恋恋風塵》(1987年)などを発表。第2次大戦後の台湾の4年間を追った《非情城市》(1989年)でベネチア映画祭金獅子賞を受賞。ノスタルジーに満ちた美しい映像と台湾現代史への厳しい視線をあわせもった作品は国際的に評価が高い。他の作品に《戯夢人生》(1993年),《好男好女》(1995年),《憂鬱な楽園》(1997年)などがある。
→関連項目九ふん楊徳昌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侯孝賢の関連情報