コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗神道 ぞくしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俗神道
ぞくしんとう

古事記』『日本書紀』その他の古典に直接の根拠をもたず,儒教仏教によって習合,構成された神道をいう。平田篤胤の命名に始る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐しんとう〔‐シンタウ〕【俗神道】

儒教や仏教と習合・構成された両部神道垂加神道などを、復古神道の立場から批判していう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくしんとう【俗神道】

復古神道の立場から、仏教や儒教の要素が混入した両部神道・垂加神道などを批判していう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俗神道の関連キーワード俗神道大意神社神道玉田永教跡部良顕古道大意増穂残口

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android