コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古神道 こしんとう

3件 の用語解説(古神道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古神道
こしんとう

仏教の渡来または仏教との習合以前に日本にすでに存していたとされる固有の信仰,儀礼の総称。特定の教祖,教団組織はなく,地域あるいは血縁共同体としての自然崇拝,祖先信仰,神意判断などをそのおもな内容とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしんとう【古神道】

後世の儒教・仏教など外来思想に影響される以前の日本固有の神道。主に記紀・祝詞のりと・万葉集などの古典に表れた思想を中心とする信仰。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古神道の関連情報