コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復古神道 ふっこしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復古神道
ふっこしんとう

江戸時代後期の神道説の一つ。儒教,仏教と混交した中世以来の神道を批判,「記紀」を中心とする日本の古典に依拠し,その解明を通じて明らかになる古道,惟神の道を説く。中世以来,神道説はあるときは仏教,あるときは儒教,道教などの影響のもとに諸派が分立したが,江戸時代に儒学の復古主義とともに国学の復古主義も台頭し,その機運のなかで,荷田春満賀茂真淵らによって創始され,本居宣長において深められ,体系化し,平田篤胤以降はさらに色合いの異なる分化,発展をとげた。その説くところは,神道とは古史の伝える史実のなかに現れた惟神の道であり,日本国の成立に先立ち,産霊神の徳で,イザナギ,イザナミの2神が始められアマテラスオオミカミの受継いだものである。これは,儒仏の「さかしら」を加えぬ以前の固有の道であり,社会のあらゆる現象は,すべて善悪の2神のなしたまうところであり,われわれは御心のままに安心して生活すべきであるというもの。日本はアマテラスオオミカミの子孫たる天皇が統治する国であるとする国体論は,明治維新の推進に多大な影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

復古神道【ふっこしんとう】

江戸後期の国学者,ことに本居宣長らによって唱えられた神道説で,国学の宗教的側面を成す。平田篤胤によって発展大成し,尊王攘夷運動の中核的イデオロギーとなる。記紀などの古典に立脚し,儒仏を排し,国体の尊厳を称揚した。
→関連項目大国隆正荷田春満神道神仏習合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふっこしんとう【復古神道】

江戸時代中期の国学者たちによる復古主義の神道。江戸時代は武士を中心とした身分社会であったから,この身分社会を維持する根本思想として儒教が思想の主流となり,神道も儒教思想の影響下に新しい流派が成立した。林羅山理当心地神道吉川惟足(これたり)の吉川神道度会(出口)延佳の伊勢神道など,近世初期に提唱された神道思想はいずれも神儒合一的傾向の所産である。しかし中期より日本古来の文献を客観的態度で合理的に研究しようとする学風が現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふっこしんとう【復古神道】

江戸後期の復古主義的神道説。それまでの神道が含んでいた儒仏などの不純要素をしりぞけ、記紀などの古典に描かれた惟神かんながらの道にかえるべきであるとした。荷田春満あずままろ・賀茂真淵・本居宣長によって唱えられ、平田篤胤・大国隆正に及んで一大勢力となり、幕末尊攘思想、維新期の神仏分離・廃仏毀釈に大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

復古神道
ふっこしんとう

近世国学者の唱えた神道の一流派。国学神道とはほとんどいわず多く復古神道というのは、古代のわが国の道こそ本来の純粋な神の道であるとし、儒教や仏教などの渡来以前の古代に復帰することを強調するからである。時期的には林羅山(らざん)や山崎闇斎(あんさい)らの儒家の神道説が形成をみたあとであり、これらへの批判を伴っておこってきた。荷田春満(かだあずままろ)、賀茂真淵(かもまぶち)を経て、これを継いで登場する本居宣長(もとおりのりなが)に至り確立された。宣長は、儒家が多く五倫五常(ごりんごじょう)や陰陽(いんよう)五行説を基として、『日本書紀』神代(じんだい)巻を解釈し神道説をたてることを漢心(からごころ)であると批判、『源氏物語』『万葉集』、記紀、とくに『古事記』を尊重し、これらわが古典に拠(よ)って古語、古事、古意の真意を帰納的に導き出し、そこにみいだされた神の道の意義と様相を強調した。すなわち復古神道とは、中世の神仏習合、近世の神儒習合に対し、仏儒思想を排除した純粋な神道ということになる。その内容は、八百万(やおよろず)の神々のなかで天照大御神(あまてらすおおみかみ)を中心に仰ぎ、その神勅(しんちょく)による子孫たる天皇を蒼生(そうせい)(人々)の中心的存在として、両者ともに無窮(むきゅう)に存続し繁栄すること、ここに神の道があり、かつ人の道もこのことを確認し敬仰することから始まるとした。この点、学的研究と信仰とが分かちがたく一体となっている。この後継に平田篤胤(あつたね)、伴信友(ばんのぶとも)、橘守部(たちばなもりべ)、大国隆正(おおくにたかまさ)、鈴木重胤(しげたね)ら深い学識と信仰を備えた国学者が輩出して、幕末から明治維新にかけて人々に大きな影響を与えた。以上の人々にはすべて個人の全集があり、復刊もある。[小笠原春夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の復古神道の言及

【神道】より

…近世に入って全国の神職のほとんどが吉田神道の支配下に置かれたが,吉川惟足は儒学を摂取した神道説を唱え,吉川神道(よしかわしんとう)を学んだ山崎闇斎は,儒学の立場をさらに深めた垂加神道(すいかしんとう)を主張した。また真言僧慈雲は,記紀などの神典を密教で解釈する雲伝神道を立てたが,その主張は仏教や儒教などの思想を習合した神道を,すべて俗神道としてしりぞけ古典の精神に帰ろうとする国学の立場(復古神道)に近いものであった。本地垂迹
[近代の神道]
 明治政府は,強力な統一国家を建設していくために,宗教的な支えが必要であると考えたが,旧時代の象徴のように思われた仏教に依拠するわけにはいかず,神道が注目されることになった。…

※「復古神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

復古神道の関連キーワード儒家神道(じゅかしんとう)国学(近世)荷田春満旧宅本朝神社考秋田(市)天御中主尊平田篤胤墓平田神道柴田花守多田南嶺国家神道藤塚知明神仏分離川崎法蓮廃仏毀釈垂加神道谷川士清宍野半俗神道尊王論

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android