コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信太妻 シノダヅマ

デジタル大辞泉の解説

しのだ‐づま【信太妻】

浄瑠璃歌舞伎・歌謡などの一系統で、信太の森の白狐(しろぎつね)が葛の葉姫に化けて安部保名(あべのやすな)と契り一子をもうけたが、正体を知られて古巣に帰ったという伝説を主題としたもの。浄瑠璃「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」などがある。信太妻物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しのだづま【信太妻】

信太の森の女狐が安倍保名やすなと結婚し、晴明を産むが、正体を見破られて姿を消したという伝説。また、その狐。説経・浄瑠璃・歌舞伎などに脚色された。 → くずの葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

信太妻の関連キーワード芦屋道満大内鑑蘆屋道満大内鑑信田妻信太山葛の葉五説経説経

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信太妻の関連情報