コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信太山 しのだやま

3件 の用語解説(信太山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信太山
しのだやま

大阪府和泉市北部の台地。標高約 50~80mの洪積台地で,古墳が多く,信太の千塚と呼ばれる。うち黄金塚 (こがねづか) は,魏の景初3 (239) 年銘の青銅鏡の出土墳として有名。第2次世界大戦前は旧陸軍演習場であったが,戦後は陸上自衛隊駐屯地となり,一部には老人ホーム青少年野外活動センターなどが設けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しのだ‐やま【信太山】

大阪府南西部、和泉(いずみ)市東部にある丘陵。標高50~80メートルの台地状の丘。北西麓にある葛(くず)の葉稲荷(いなり)は信太妻伝説で知られ、神狐がまつられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信太山
しのだやま

大阪府南西部、和泉(いずみ)市にある洪積台地。標高50~80メートル。台地上のかなりの部分は第二次世界大戦前は陸軍演習場、戦後は自衛隊演習地で、北部は住宅団地に開発された。台地の西を通る古道熊野街道に近い台地上の聖(ひじり)神社は中世からの信太(しのだ)明神で、熊野権現(ごんげん)の遙拝(ようはい)所であった。台地の西麓(せいろく)にある葛葉稲荷(くずのはいなり)は信太の森伝説で知られる神狐(しんこ)を祀(まつ)る。[前田 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信太山の関連キーワード大阪府和泉市青葉台大阪府和泉市あゆみ野大阪府和泉市内田町大阪府和泉市王子町大阪府和泉市岡町大阪府和泉市北田中町大阪府和泉市幸大阪府和泉市府中町大阪府和泉市まなび野大阪府和泉市万町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信太山の関連情報