信瑜(読み)しんゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信瑜 しんゆ

1333-1382 南北朝時代の僧。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年生まれ。真言宗。尾張(おわり)(愛知県)宝生院(真福寺)2世。開山(かいさん)の能信(のうしん)の志をつぎ,古典や伊勢(いせ)神道関係の書籍を書写,収集。これらは真福寺文庫(大須文庫)とよばれる。国宝の真福寺本「古事記」は,弟子の賢瑜に書写させ,信瑜が校訂したもの。永徳2=弘和(こうわ)2年8月7日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android