コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信空(1)(読み)しんくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信空(1) しんくう

1146-1228 平安後期-鎌倉時代の僧。
久安2年生まれ。藤原行隆の子。浄土宗。比叡山(ひえいざん)黒谷の叡空(えいくう)のもとで出家。その没後,法然(ほうねん)の高弟となる。元久元年(1204)「七箇条制誡」の執筆役となり,天台宗からの専修念仏圧迫に対処。法然の流罪後は,長老として教団をまもった。安貞2年9月9日死去。83歳。京都出身。字(あざな)は称弁。通称は白川上人。号は法蓮房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android