コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡空 えいくう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叡空
えいくう

[生]?
[没]治承3(1179).2/4
平安時代末期の天台宗の僧。藤原伊通の子といわれる。比叡山に入り,密教を修め,良忍に師事して円頓戒 (えんどんかい) を受けた。のち西塔の黒谷に住し,念仏者として名を高めた。法然は在叡時代,叡空に師事したが,のち逆に法然の弟子となり,法然の浄土教成立に大きな影響を与えたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

叡空 えいくう

?-1179 平安時代後期の僧。
法然の師。良忍について円頓(えんどん)戒をうけ,天台系浄土教をまなぶ。比叡山(ひえいざん)西塔の黒谷にすみ,「往生要集」を講義した。円頓戒黒谷流の祖。藤原伊通(これみち)の子といわれる。治承(じしょう)3年4月2日死去。号は慈眼房。著作に「円頓戒法秘蔵大綱集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

叡空

没年:治承3.4.2(1179.5.10)
生年:生年不詳
平安後期の天台宗の学僧で,法然の師。一説に治承3(1179)年2月2日死亡。慈眼房という。融通念仏の祖の良忍 に浄土教を学び,比叡山黒谷別所に住し,『往生要集』などを講じ,すぐれた学解で知られた。また良忍から円頓戒を受けて,授戒の師でもあった。法然に天台と浄土の教義を教えるとともに,円頓戒を授けた。晩年におよび本尊,聖教,房舎を法然に譲った。『法然上人伝絵』によれば,18歳の法然が出離の心を述べたときに,「法然道理のひじりなり」と叡空を感嘆させたことから,法然房と名乗るようになった。<著作>『円頓戒法秘蔵大綱集』<参考文献>『法然上人伝絵』3,13巻

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

叡空
えいくう

生没年不詳。平安末期の天台宗の僧。藤原伊通(ふじわらのこれみち)の子ともいう。慈眼房(じげんぼう)と号す。大原の良忍(りょうにん)に就いて、円頓戒(えんどんかい)、融通念仏(ゆずうねんぶつ)などを受け、比叡山(ひえいざん)西塔黒谷(くろだに)に閑居し、円頓戒黒谷流の戒師として名をはせた。1150年(久安6)法然(ほうねん)(源空(げんくう))が入門すると、『往生要集』を講じて浄土教を授け、また円頓戒の奥義(おうぎ)をも授けた。教義において法然と意見の相違があったと伝えられるが、晩年は本尊、聖教、坊舎などのすべてを法然に譲り、自ら弟子としての礼をとっている。没年は治承(じしょう)3年(1179)2月とも4月ともいうが、明らかではない。著書に『円頓戒法秘蔵大綱集(えんどんかいほうひぞうたいこうしゅう)』1巻。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

叡空の関連キーワード信空(1)二尊院

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android