十六銀行[株](読み)じゅうろくぎんこう

百科事典マイペディアの解説

十六銀行[株]【じゅうろくぎんこう】

岐阜県を地盤とする地銀上位行。1877年第十六国立銀行として創業。1896年現社名に改称。〈一県一行主義〉政策に従い,次々と県下の銀行を吸収合併・買収し,現在の姿になる。隣県・愛知に積極的に店舗を開設し,大阪・東京にも進出。1993・1994年に三菱信託銀行東洋信託銀行と信託代理店契約を結び,信託業務に進出。資金量は岐阜県首位を誇る。本店岐阜市。2011年資本金368億円,2011年3月期経常収益1146億円。売上構成(%)は,中小企業等向け78,住宅・消費者向け29。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android