契約型投資信託(読み)けいやくがたとうししんたく(英語表記)contractual type investment trust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契約型投資信託
けいやくがたとうししんたく
contractual type investment trust

証券投資信託の一種で,証券会社などが売出す受益券を投資家が買い,その資金が信託会社に保管,管理されているもの。日本の投資信託はすべてこの型。信託財産の型によりユニット型投資信託オープン型投資信託に分けられ,さらに運用対象により株式投資信託公社債投資信託に分けられる。これに対し証券投資を目的とする会社を設立し,その発行する株式を一般投資家に買取ってもらう型のものを会社型投資信託と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

投資信託の用語集の解説

契約型投資信託


投資家から預かった財産を、信託財産として預ける投資信託委託会社と、預かる側である受託銀行が、信託契約を結ぶことで組成され、運用される投資信託のこと。日本の証券投資信託はこの形式が主流である。そもそも信託は契約を結んで組成するので「契約型」という言葉は不要であるが、とりわけ会社型投資信託(投資法人)と比較する際に使われる言葉である。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android