コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契約型投資信託 けいやくがたとうししんたく contractual type investment trust

2件 の用語解説(契約型投資信託の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契約型投資信託
けいやくがたとうししんたく
contractual type investment trust

証券投資信託の一種で,証券会社などが売出す受益券を投資家が買い,その資金が信託会社に保管,管理されているもの。日本の投資信託はすべてこの型。信託財産の型によりユニット型投資信託オープン型投資信託に分けられ,さらに運用対象により株式投資信託公社債投資信託に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集の解説

契約型投資信託


投資家から預かった財産を、信託財産として預ける投資信託委託会社と、預かる側である受託銀行が、信託契約を結ぶことで組成され、運用される投資信託のこと。日本の証券投資信託はこの形式が主流である。そもそも信託は契約を結んで組成するので「契約型」という言葉は不要であるが、とりわけ会社型投資信託投資法人)と比較する際に使われる言葉である。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

契約型投資信託の関連キーワード特定金銭信託固有財産動産信託ユニット型投資信託信託財産ファントラ機関投資家(Institutional Investor)委託者受託銀行分別管理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone