コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵屋宗理 たわらや・そうり

朝日日本歴史人物事典の解説

俵屋宗理

生年:生没年不詳
江戸中期の画家。江戸に住む。元知と称し,号は 柳々 居,百琳,百琳斎など。一説に天明2(1782)年没。絵ははじめ幕府の御用絵師住吉家に学んだが,のち俵屋宗達や尾形光琳など京都の琳派の画家に私淑する。画風は豪華な京風琳派から瀟洒な江戸風への移行がうかがえ,江戸琳派の先駆となる。代表作「楓図屏風」(萬野美術館蔵)。俳書『世諺拾遺』(1758)に挿絵を描くなど,江戸市井の文化人らとも広く交遊する。なお,葛飾北斎が一時期2代目俵屋宗理を名乗った。3代目は北斎門人の宗二。<参考文献>山根有三他編『琳派絵画全集 抱一派』

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の俵屋宗理の言及

【葛飾北斎】より

…1778年(安永7),勝川春章の門に入り,翌年に春朗と号して役者絵を発表,以後,役者絵,角力絵,浮絵,黄表紙の挿絵を描く。94年ころ,勝川派を破門された後,狩野,住吉,琳派,洋風画派を学び,2世俵屋宗理を名のり,30歳代後半に至って自己の画風を確立,97年に北斎と初めて号した。このころ,《東遊》《東都名所一覧》等の絵入狂歌本に優れた挿絵を描いて注目され,《くだんうしがふち》等では洋風の遠近・陰影表現による風景版画シリーズも発表する。…

【琳派】より

… 1800年(寛政12)前後に大坂で活躍した中村芳中も個性的な琳派画家であったが,琳派の中心はこのころから完全に江戸へ移った。乾山,何帠に続き江戸で活躍した俵屋宗理が果たした先駆的役割を発展させたのが,酒井抱一である。抱一は初め種々な流派を学んだが,酒井家から扶持を受けていたことがある光琳の画風を知って傾倒,その江戸的復興を試みた。…

※「俵屋宗理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

俵屋宗理の関連キーワード菱川宗理山根有三

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android