倉田哲治(読み)くらた てつはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉田哲治 くらた-てつはる

1926-1998 昭和後期-平成時代の弁護士。
大正15年6月19日生まれ。昭和29年開業し,自由法曹団にはいる。松山事件,免田事件,狭山事件などの再審事件,ピース缶爆弾・土田邸爆破事件などの冤罪(えんざい)事件にとりくむ。57年伊佐千尋(ちひろ)らと陪審裁判を考える会を設立。平成10年7月24日死去。72歳。静岡県出身。中央大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android