コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倚像 いぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倚像
いぞう

両脚を前に垂れて椅子や台座に腰を掛けた姿の仏像仏菩薩のすわり方の一種。インドの仏像の形式を伝えるもので,中国,日本の古代の仏像にしばしばみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐ぞう〔‐ザウ〕【×倚像】

台座などに腰掛けて、両足を下にたらしている姿の仏像。→座像

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

倚像【いぞう】

立像・座像などに対して,倚子に腰をかけた姿の仏像をいう。日本では白鳳(はくほう)時代の仏像に多い。倚像のうち,中国六朝(りくちょう)時代の弥勒(みろく)像に多く見られる両脛(はぎ)を交差させたものを,特に交脚像と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いぞう【倚像】

台座に腰をかけ、両足を前に垂らしている姿の仏像。東京、深大寺の釈迦如来像はその例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

倚像の関連キーワードチャンディ・ムンドゥット三重県津市白山町上ノ村東京都調布市深大寺元町浄妙寺(神奈川県)東南アジア美術白山(三重県)真室川(町)東京都調布市深大寺(寺)宝慶寺石仏釈迦如来像半跏思惟像調布(市)四十八体仏椿井仏所白鳳美術深大寺矢田寺両脚立像

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倚像の関連情報