倚像(読み)いぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倚像
いぞう

両脚を前に垂れて椅子や台座に腰を掛けた姿の仏像仏菩薩のすわり方の一種。インドの仏像の形式を伝えるもので,中国,日本の古代の仏像にしばしばみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

倚像【いぞう】

立像・座像などに対して,倚子に腰をかけた姿の仏像をいう。日本では白鳳(はくほう)時代の仏像に多い。倚像のうち,中国六朝(りくちょう)時代の弥勒(みろく)像に多く見られる両脛(はぎ)を交差させたものを,特に交脚像と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いぞう【倚像】

台座に腰をかけ、両足を前に垂らしている姿の仏像。東京、深大寺の釈迦如来像はその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倚像の関連情報