コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偉大な社会政策 いだいなしゃかいせいさくGreat Society Policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偉大な社会政策
いだいなしゃかいせいさく
Great Society Policy

1965年1月アメリカの L.ジョンソン大統領が打出した国内政策の構想。種々の改革により経済,社会,文化,科学などの諸分野で偉大な社会をつくり上げようとするもので,貧困対策,経済的繁栄の維持,人種差別廃止,衛生施設や輸送機関の整備,都市計画ならびに生活環境の改善などをおもな内容としていた。しかし,ベトナム戦争による軍事支出の増加に伴い福祉政策拡充は困難となり,これらの政策構想の多くは挫折を余儀なくされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

偉大な社会政策の関連キーワードリンドン・B. ジョンソンアメリカ合衆国史(年表)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android