偏倚・偏依(読み)へんい

精選版 日本国語大辞典の解説

へん‐い【偏倚・偏依】

〘名〙
① (━する) かたよること。一方にだけかたより、中正を失うこと。また、そのさま。かたより。偏向。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・道号・剛中「毅然天性無偏倚、独立人間不扶」
十善法語(1775)一「本性平等にして偏倚なけれども」
② 数値・位置・方向などの一定基準や平均値などからの、かたより。ふれ。偏差。〔推計学の話(1949)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android