コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側頭動脈炎 そくとうどうみゃくえん

家庭医学館の解説

そくとうどうみゃくえん【側頭動脈炎】

 巨細胞性動脈炎(きょさいぼうせいどうみゃくえん)とも呼ばれる、側頭部にある側頭動脈に炎症がおこる病気です。
 55歳以上の高齢者に発症し、男女差はみられません。比較的まれな病気です。
 炎症によって動脈が赤く腫(は)れ蛇行(だこう)し、押すと痛みます。それと同時に高い熱が出て、頭痛がおこります。体重減少、全身のだるさ(倦怠感(けんたいかん))なども現われてきます。
 炎症が目の動脈におよぶと、目のかすみ、ものが二重に見えたり(複視(ふくし))、重症の場合は失明することもあります。
 約50%にリウマチ性多発筋痛症(せいたはつきんつうしょう)(「リウマチ性多発筋痛症」)を合併することがあります。
 治療には、大量のステロイド(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン)薬の使用が必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

側頭動脈炎
そくとうどうみゃくえん

側頭動脈に限局した特殊な動脈周囲炎として1932年にアメリカの医師ホルトンBayard Taylor Horton(1895―1980)らにより定義された疾患で、病理学的所見では動脈周囲の炎症のほか、中膜に多核性巨細胞が多数みられるのが特徴である。したがって巨細胞性動脈炎ともよばれる。症状は、側頭動脈に沿って持続する頭痛や発熱、食欲不振、白血球増加や血沈亢進(こうしん)などで、60歳以上の高齢者に多い。侵された動脈は怒張し、結節をつくって蛇行し、触ると固く、圧痛がある。全身のほかの動脈にも動脈炎を併発することがあり、とくに網膜血管がよく侵され、網膜中心動脈に血栓を生じて失明することもある。治療としては副腎(ふくじん)皮質ステロイド剤が早期から使用され、しばしば奏効する。[荒木五郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

側頭動脈炎の関連キーワード老化にともなう免疫異常と症状網膜中心動脈閉塞症虚血性視神経症血管炎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android