怒張(読み)ドチョウ

  • どちょう ‥チャウ
  • どちょう〔チヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「怒」は勢いのさかんな意)
① はれてふくれること。ふくれあがること。
※太平記(14C後)二四「祖師の心印空く叫騒怒張(トチャウ)の中に堕つべし」
② 肩や筋肉などをいからせること。
※近代批評の意義(1906)〈島村抱月〉「体躯手足の筋肉の怒張に、非常なる苦闘の力を表し」 〔米芾‐論書〕
③ 筆の力の勇ましいこと。また、書道では「険抜怒張」の形で用いて、筆に力がはいりすぎることをいう。
※随筆・鑒禅画適(1852)南北述古「奇抜怒張なれば達者と心得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怒張の関連情報