怒張(読み)どちょう

精選版 日本国語大辞典「怒張」の解説

ど‐ちょう ‥チャウ【怒張】

〘名〙 (「」は勢いのさかんな意)
① はれてふくれること。ふくれあがること。
※太平記(14C後)二四「祖師の心印空く叫騒(トチャウ)の中に堕つべし」
筋肉などをいからせること。
※近代批評の意義(1906)〈島村抱月〉「体躯手足の筋肉の怒張に、非常なる苦闘の力を表し」 〔米芾‐論書〕
③ 筆の力の勇ましいこと。また、書道では「険抜怒張」の形で用いて、筆に力がはいりすぎることをいう。
※随筆・鑒禅画適(1852)南北述古「奇抜怒張なれば達者と心得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「怒張」の解説

ど‐ちょう〔‐チヤウ〕【怒張】

[名](スル)
血管などが、ふくれること。「怒りで額の血管を怒張させる」
肩や筋肉などを、いからして張ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「怒張」の解説

【怒張】どちよう(ちやう)

誇張した、粗豪のさま。・米〔海岳名言〕筋骨は、(公権)より出づ。世人は但だ、怒張を以て筋骨と爲す。怒張せざるも、自ら筋骨ることを知らず。

字通「怒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android