コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経典外聖書 きょうてんがいせいしょApocrypha; noncannonical writings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経典外聖書
きょうてんがいせいしょ
Apocrypha; noncannonical writings

経外典あるいは単に外典ともいう。聖書正典 Canonに対する名称。旧約についていえば,正典表にはアレクサンドリア起源のものとパレスチナ起源のものと2種あり,前者は後者の含まない書をも含んでいるのでより長くなっている。カトリック教会および東方教会は前者を採用したが,後者に含まれていないものは,第2聖典として一応区別した。したがって現在カトリック教会の用いるラテン語訳には 13の外典つまり第2正典が含まれている。カトリックでは 1546年のトリエントの会議でアポクリファを正典に加えることを決議したが,一方プロテスタントでは 1618年のドルトの会議,43年のウェストミンスターの会議で反対の決議がなされた。 Apocryphaという語を初めて用いたのは初代教父オリゲネスといわれるが,現在の意味で正典と旧約外典を厳密に区別し,後者 libri ecclesiasticiに Apocryphaと命名したのはヒエロニムスである。新約外典について,Apocryphaと名づけたのはアタナシウスであり,アタナシウスは現行 27書を正典とし,ほかの文書を異端の虚構として排した。しかし外典が,旧約,新約いずれにしてもその時代の歴史的環境や宗教思想,さまざまな問題を知るための重要な文献であることは疑いない。旧約外典には,『第1,第2マカベア書』『第1エズラ書』『集会書』『ベン・シラの知恵』『ソロモンの知恵』など,また新約には,多数の福音書,使徒行伝,書簡,黙示録,詩歌が含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

経典外聖書の関連キーワードトマス福音書偽福音書偽典

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android