いざや(読み)イザヤ

デジタル大辞泉の解説

いざ‐や

[感]《「や」は間投助詞》誘いかけるときに用いる語。さあ。いざ。
「信頼、義朝おつるなり。―とどめん」〈平治・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いざや

( 感 )
〔「いざ」に間投助詞「や」の付いたもの〕
人を誘うときや、あることを思い立ったときに発する語。さあ。どれ。 「鎮西八郎こそ生捕られて渡さるるなれ。-みん/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いざ‐や

〘感動〙 (「いざ」に間投助詞「や」の付いたもの。中世に多く用いられる) 相手を誘うときなどに呼びかける語。また、あることを思い立って実行に移そうというときに発する声。さあ。いざ。いざよ。
※能因本枕(10C終)一四〇「いさや、これ殿上に行てかたらむとて、中将新中将六位どもなど、ありけるはいぬ」
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「鎮西八郎こそ生捕られて渡さるるなれ。いざや見ん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いざやの関連情報