コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前水母 ビゼンクラゲ

デジタル大辞泉の解説

びぜん‐くらげ【備前水母】

ハチクラゲ綱ビゼンクラゲ科の腔腸(こうちょう)動物。は半球形で直径50センチにもなり、厚くて硬く、青藍色。口腕は8本ある。瀬戸内海・九州・朝鮮半島に分布。食塩などに漬け、乾燥させたものは中国料理の材料となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びぜんくらげ【備前水母】

鉢水母綱の海産のクラゲ。普通、傘の直径約30センチメートルで、青黒色・紫紅色・淡青色など。傘は半球形で、傘の下に八本の口腕がある。人を刺さない。中国料理に使われる。本州中部から瀬戸内海、朝鮮半島沿岸にかけて分布。アカクラゲ。唐水母とうくらげ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

備前水母 (ビゼンクラゲ)

学名:Rhopilema esculentum
動物。ビゼンクラゲ科の海産動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

備前水母の関連キーワードアカクラゲ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android