コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾危 ケイキ

デジタル大辞泉の解説

けい‐き【傾危】

[名](スル)傾いてあぶないこと。
「―の際、老いても一門の支柱となれる入道相国は折柄怪しき病いに死し」〈樗牛滝口入道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

傾危の関連キーワード建武式目条々

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android