コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾向性 ケイコウセイ

デジタル大辞泉の解説

けいこう‐せい〔ケイカウ‐〕【傾向性】

《〈ドイツ〉Neigung
倫理学で、広義には性向の意。カントでは習慣的になった感覚的欲望の意で、これに基づく行為にはたとえ道徳法則と外面上合致しても道徳的価値はないとされ、理性と対立する。
心理学で、ある一定の刺激に対して一定の反応を示す有機体性向

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

傾向性の関連キーワードインダストリアリズムオムニバス検定定言的命令産業社会学事故頻発性真理の探究二重母音言語分析ユーモアエートス道徳法則倫理学朴八陽自然法カント慣習情念傾向広義

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾向性の関連情報