傾斜生産(読み)ケイシャセイサン

大辞林 第三版の解説

けいしゃせいさん【傾斜生産】

特定の重要産業へ資金・資材を重点的に投入して生産を行うこと。
1946年(昭和21)末、日本経済を緊急に回復させるため吉田内閣が決定し片山・芦田両内閣が引き継いで実行した政策。石炭と鉄鋼の生産に対して傾斜的に投資が行われ、第二次大戦後の経済の復興が図られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android