コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僕婢条令 ぼくひじょうれい Gesindeordnung[ドイツ]

1件 の用語解説(僕婢条令の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくひじょうれい【僕婢条令 Gesindeordnung[ドイツ]】

Gesinde(僕婢)は下僕,下婢の総称であり,一般に主人の家庭内で生活する身分の低い奉公人を指す。最近に至るまで,農業経営とりわけ農民経営の最も一般的な雇用労働力の形態であった。僕婢は通例未婚の労働力であり,将来独立の家計をもつまでの過渡的労働力といえる。僕婢条令は,僕婢雇用に関する公的規制であり,すでに15世紀以来ドイツの諸領邦で制定されている。内容は,契約期間の最低限度,公定の給与額,食事などの待遇などの規定や,二重契約や契約違反の禁止である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

僕婢条令の関連キーワードエポキシド神職変化記号尉官下婢下僕将佐太物僕婢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone