先天性ネフローゼ症候群(読み)せんてんせいねふろーぜしょうこうぐん(英語表記)Congenital Nephrotic Syndrome

家庭医学館の解説

せんてんせいねふろーぜしょうこうぐん【先天性ネフローゼ症候群 Congenital Nephrotic Syndrome】

[どんな病気か]
 生後3か月以内に発症したネフローゼ症候群をいいます。常染色体劣性遺伝形式(じょうせんしょくたいれっせいいでんけいしき)をとるフィンランド型と、びまん性のメサンギウム硬化病変を示すフランス型、そして微少変化型、巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)、膜性腎症(まくせいじんしょう)などがあります。
 フィンランド型は出生早期より症状が重く、死亡率もきわめて高いのですが、フランス型は腎移植(じんいしょく)などの治療の進歩により、生存が可能になりつつあります。いずれにしても死亡例の多い病気です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android