コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性ネフローゼ症候群 せんてんせいねふろーぜしょうこうぐん Congenital Nephrotic Syndrome

1件 の用語解説(先天性ネフローゼ症候群の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいねふろーぜしょうこうぐん【先天性ネフローゼ症候群 Congenital Nephrotic Syndrome】

[どんな病気か]
 生後3か月以内に発症したネフローゼ症候群をいいます。常染色体劣性遺伝形式(じょうせんしょくたいれっせいいでんけいしき)をとるフィンランド型と、びまん性のメサンギウム硬化病変を示すフランス型、そして微少変化型、巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)、膜性腎症(まくせいじんしょう)などがあります。
 フィンランド型は出生早期より症状が重く、死亡率もきわめて高いのですが、フランス型は腎移植(じんいしょく)などの治療の進歩により、生存が可能になりつつあります。いずれにしても死亡例の多い病気です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性ネフローゼ症候群の関連キーワード生後何心地不死身プリマドンナカーフレザー信用売信用買子牛肉運転免許証の失効内閣の編成手続き

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

先天性ネフローゼ症候群の関連情報