コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性肥厚性幽門狭窄症 せんてんせいひこうせいゆうもんきょうさくしょうCongenital Hypertrophic Pyloric Stenosis

家庭医学館の解説

せんてんせいひこうせいゆうもんきょうさくしょう【先天性肥厚性幽門狭窄症 Congenital Hypertrophic Pyloric Stenosis】

[どんな病気か]
 胃の出口にある幽門(ゆうもん)部の筋肉(輪状筋(りんじょうきん))が異常に厚くなり(肥厚(ひこう))、通り道が狭くなって、ミルクが通りにくくなったものです。初めての男児に多いといわれています。
[症状]
 十分にミルクを飲み、体重も順調に増えていた赤ちゃんが、生後2週ごろからミルクを飲んだ後に嘔吐(おうと)をするようになります。
 口と鼻の孔(あな)から噴水のようにぴゅーっと吐(は)きます。吐いたものに緑色や茶色の胆汁(たんじゅう)がまざっていないことが特徴です。
 吐くとおなかが空くので、すぐにミルクを欲しがって泣きますが、与えるとまた吐きます。
 しだいに栄養不良となって体重が減少し、手足やくびの皮膚にしわがよってきます。脱水のために尿量も減ってきます。
[検査と診断]
 胃の動き(蠕動(ぜんどう))が外から見え、触診すると幽門部の腫瘤(しゅりゅう)(こぶ状のかたまり)を触れることで診断がつきます。
 腫瘤が触れにくいときは、超音波検査で腫瘤の存在を確認します。
[治療]
 胃液を多量に嘔吐しているために、血液の電解質のバランスがくずれ、アルカリ性に傾いているので、輸液を行なって、これを是正した後に、肥厚した輪状筋を切開する手術をします。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の先天性肥厚性幽門狭窄症の言及

【先天性幽門狭窄症】より

…正しくは先天性肥厚性幽門狭窄症congenital hypertrophic pyloric stenosisという。先天的に胃幽門部に長さ約2cm,幅約1.5cmの卵形ないし球形の硬い弾力性のある腫瘤ができる疾患。…

※「先天性肥厚性幽門狭窄症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

先天性肥厚性幽門狭窄症の関連キーワード先天性幽門狭窄症赤ちゃんの世話幽門狭窄症

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android