コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性肥厚性幽門狭窄症 せんてんせいひこうせいゆうもんきょうさくしょう Congenital Hypertrophic Pyloric Stenosis

1件 の用語解説(先天性肥厚性幽門狭窄症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいひこうせいゆうもんきょうさくしょう【先天性肥厚性幽門狭窄症 Congenital Hypertrophic Pyloric Stenosis】

[どんな病気か]
 胃の出口にある幽門(ゆうもん)部の筋肉(輪状筋(りんじょうきん))が異常に厚くなり(肥厚(ひこう))、通り道が狭くなって、ミルクが通りにくくなったものです。初めての男児に多いといわれています。
[症状]
 十分にミルクを飲み、体重も順調に増えていた赤ちゃんが、生後2週ごろからミルクを飲んだ後に嘔吐(おうと)をするようになります。
 口と鼻の孔(あな)から噴水のようにぴゅーっと吐(は)きます。吐いたものに緑色や茶色の胆汁(たんじゅう)がまざっていないことが特徴です。
 吐くとおなかが空くので、すぐにミルクを欲しがって泣きますが、与えるとまた吐きます。
 しだいに栄養不良となって体重が減少し、手足やくびの皮膚にしわがよってきます。脱水のために尿量も減ってきます。
[検査と診断]
 胃の動き(蠕動(ぜんどう))が外から見え、触診すると幽門部の腫瘤(しゅりゅう)(こぶ状のかたまり)を触れることで診断がつきます。
 腫瘤が触れにくいときは、超音波検査で腫瘤の存在を確認します。
[治療]
 胃液を多量に嘔吐しているために、血液の電解質のバランスがくずれ、アルカリ性に傾いているので、輸液を行なって、これを是正した後に、肥厚した輪状筋を切開する手術をします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の先天性肥厚性幽門狭窄症の言及

【先天性幽門狭窄症】より

…正しくは先天性肥厚性幽門狭窄症congenital hypertrophic pyloric stenosisという。先天的に胃幽門部に長さ約2cm,幅約1.5cmの卵形ないし球形の硬い弾力性のある腫瘤ができる疾患。…

※「先天性肥厚性幽門狭窄症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

先天性肥厚性幽門狭窄症の関連キーワード出口出口の茶屋何心地不死身プリマドンナ幽門幽門狭窄幽門垂幽門腺胃拡張 (gastroectasis, gastroectasia, dilatation of the stomach)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone