コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光産業 ひかりさんぎょうphotoelectronics industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光産業
ひかりさんぎょう
photoelectronics industry

光学技術と電子技術を融合した製品を製造する産業。初期の主製品は光ファイバや発光・受光素子などの光通信機器,各種のレーザー加工装置などであったが,最近は光ディスクコンパクトディスク (CD) ,CD-ROMなどの記録媒体を中心とした光情報処理機器に重心が移っている。半導体レーザーや記録媒体用新素材の開発,LANVANなど情報通信システムの進歩に伴って市場規模が急速に拡大している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

光産業【ひかりさんぎょう】

オプトエレクトロニクス産業とも。レーザー光ファイバーなどの光技術を応用した製品を製造する産業の総称。光ファイバーなどの光部品,光通信システム,光ディスク装置などの光機器・装置などの各分野がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光産業の関連情報