光産業(読み)ひかりさんぎょう(英語表記)photoelectronics industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光産業
ひかりさんぎょう
photoelectronics industry

光学技術と電子技術を融合した製品を製造する産業。初期の主製品は光ファイバや発光・受光素子などの光通信機器,各種のレーザー加工装置などであったが,最近は光ディスクコンパクトディスク (CD) ,CD-ROMなどの記録媒体を中心とした光情報処理機器に重心が移っている。半導体レーザーや記録媒体用新素材の開発,LAN・VANなど情報通信システムの進歩に伴って市場規模が急速に拡大している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

光産業【ひかりさんぎょう】

オプトエレクトロニクス産業とも。レーザーや光ファイバーなどの光技術を応用した製品を製造する産業の総称。光ファイバーなどの光部品,光通信システム,光ディスク装置などの光機器・装置などの各分野がある。最近では,半導体レーザーを用いたMO(光磁気ディスク)やDVDなどの記憶媒体の伸びが予想され,次世代を担う産業の一つとして考えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光産業の関連情報