コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎と亀 うさぎとかめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兎と亀
うさぎとかめ

イソップによる寓話の一つ。うさぎ競走して,足の速いうさぎが途中でひと休みして寝込んでしまい,亀に負けてしまう話。日本へはすでに文禄2 (1593) 年に伝えられている。昔話の動物競走譚の典型として各地に語られ,日本には「きつねとたにし」,グリム昔話集 187には「うさぎとはりねずみ」などがある。亀に負けて帰ったうさぎが村から追出されるが,おりから山のおおかみから子うさぎを差出せといわれて困っていた村のうさぎたちのために,おおかみを退治して帰村を許されるという後日譚的な昔話もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うさぎとかめ【兎と亀】

イソップ物語」にみえる寓話(ぐうわ)の一。ウサギカメが山のふもとまで競走をするが、足の速さに自信のあるウサギは途中で居眠りをしてしまい、着実に歩を進めたカメに敗れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うさぎとかめ【兎と亀】

昔話。動物社会の競走を主題にした動物昔話。国際的には〈hare and tortoise race〉と呼ばれる。イソップ寓話にある。日本では1593年(文禄2)天草で刊行された《伊曾保物語》にその最初の形が認められる。ウサギと亀の駆け競べを語るが,俊敏なウサギが途中で昼寝をして鈍重な亀に負けるという物語。最後にウサギの慢心を戒め,亀の努力をたたえる教訓を語る場合が多い。この昔話は他にハリネズミ・カエル・カニと小鹿・キツネ・小鳥などの競走を内容にする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

兎と亀の関連キーワードノムラタツヤ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android