コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎と亀 うさぎとかめ

3件 の用語解説(兎と亀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兎と亀
うさぎとかめ

イソップによる寓話の一つ。うさぎと亀が競走して,足の速いうさぎが途中でひと休みして寝込んでしまい,亀に負けてしまう話。日本へはすでに文禄2 (1593) 年に伝えられている。昔話の動物競走譚の典型として各地に語られ,日本には「きつねとたにし」,グリム昔話集 187には「うさぎとはりねずみ」などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うさぎとかめ【兎と亀】

イソップ物語」にみえる寓話(ぐうわ)の一。ウサギとカメが山のふもとまで競走をするが、足の速さに自信のあるウサギは途中で居眠りをしてしまい、着実に歩を進めたカメに敗れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うさぎとかめ【兎と亀】

昔話。動物社会の競走を主題にした動物昔話。国際的には〈hare and tortoise race〉と呼ばれるイソップ寓話にある。日本では1593年(文禄2)天草で刊行された《伊曾保物語》にその最初の形が認められる。ウサギと亀の駆け競べを語るが,俊敏なウサギが途中で昼寝をして鈍重な亀に負けるという物語。最後にウサギの慢心を戒め,亀の努力をたたえる教訓を語る場合が多い。この昔話は他にハリネズミカエル・カニと小鹿・キツネ・小鳥などの競走を内容にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兎と亀の関連キーワードかちかち山猿蟹合戦ソシオバイオロジー動物報恩譚笑い話生物社会動物文学日本五大昔話絶滅動物動物昔話

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兎と亀の関連情報