コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮託 カタク

デジタル大辞泉の解説

か‐たく【仮託】

[名](スル)他の物事を借りて言い表すこと。事寄せること。「動物界に仮託した寓話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたく【仮託】

( 名 ) スル
他の物にかこつけること。ことよせること。 「主人公に-して自らの思想を述べる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮託の関連キーワード足利氏木像梟首事件チャンドス卿の手紙土左日記・土佐日記【ほ】【き】内伝極楽寺殿御消息ヒュペーリオンオルフェウス教近江源氏先陣館一条摂政御集『土佐日記』神道五部書職人尽し絵碁盤太平記六韜・三略鎌倉三代記走れメロス鍋島騒動神道大意藤原国兼壬生忠岑

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮託の関連情報