仮託(読み)カタク

デジタル大辞泉の解説

か‐たく【仮託】

[名](スル)他の物事を借りて言い表すこと。事寄せること。「動物界に仮託した寓話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたく【仮託】

( 名 ) スル
他の物にかこつけること。ことよせること。 「主人公に-して自らの思想を述べる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐たく【仮託】

〘名〙 他の事柄を口実にしたり利用したりすること。かこつけること。かこつけ。
※続日本紀‐宝亀一一年(780)一二月壬子「仮託霊異。侵擾朝章
※島崎藤村覚え書(1954)〈臼井吉見〉モデル問題「『水彩画家』で、友人の晩霞やその妻に仮した愛欲葛藤は」 〔礼記疏‐王制〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮託の関連情報