コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童公園 じどうこうえん

2件 の用語解説(児童公園の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じどうこうえん【児童公園】

都市公園法に基づき設置された、児童の遊び・スポーツなどに供する公園施設。街区公園。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じどうこうえん【児童公園】

都市公園法(1956)にもとづき児童の遊び,スポーツレクリエーションに供する公園施設。児童公園の計画にあたっては,児童の発達段階にそって幼児公園幼年公園少年公園に区分され,順次敷地面積,サービス圏の基準が拡大されて考えられている。災害時の避難地の機能も兼ねた都市計画上必須の空間であり,都市住民のための近隣公園,地区公園とあわせて全国に3万3763ヵ所(1981年末)ある。また近年は,特殊な児童公園として,児童の交通道徳を涵養して交通禍を防止することを目的とした〈交通公園〉も造られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児童公園の関連キーワード公園国定公園自然公園法生活科弟月遊具の事故どんぐりひろば

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児童公園の関連情報