コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入り立つ イリタツ

デジタル大辞泉の解説

いり‐た・つ【入り立つ】

[動タ四]
中にはいる。はいり込む。立ち入る。
「京に―・ちてうれし」〈土佐
親しく出入りする。親密になる。
「山の井の大納言は―・たぬ御兄(おんせうと)にても、いとよくおはすかし」〈・一〇四〉
学問・芸能などに通じる。精通する。
「何事も―・たぬさましたるぞよき」〈徒然・七九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いりたつ【入り立つ】

( 動四 )
そこにはいり込む。 「臣の子の八重の柴垣-・たずあり/古事記
親しく出入りする。つきあう。 「山の井の大納言は-・たぬ御せうとにてもいとよくおはすかし/枕草子 104
物事に深く立ち入る。通じる。 「遊びの道にも-・ち給へり/宇津保 藤原君

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入り立つの関連キーワード枕草子大納言何事

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android