入り立つ(読み)イリタツ

デジタル大辞泉の解説

いり‐た・つ【入り立つ】

[動タ四]
中にはいる。はいり込む。立ち入る。
「京に―・ちてうれし」〈土佐
親しく出入りする。親密になる。
「山の井の大納言は―・たぬ御兄(おんせうと)にても、いとよくおはすかし」〈・一〇四〉
学問・芸能などに通じる。精通する。
「何事も―・たぬさましたるぞよき」〈徒然・七九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いりたつ【入り立つ】

( 動四 )
そこにはいり込む。 「臣の子の八重の柴垣-・たずあり/古事記
親しく出入りする。つきあう。 「山の井の大納言は-・たぬ御せうとにてもいとよくおはすかし/枕草子 104
物事に深く立ち入る。通じる。 「遊びの道にも-・ち給へり/宇津保 藤原君

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android