コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入庸昌 いり ようしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入庸昌 いり-ようしょう

1693-1753* 江戸時代中期の和算家,武士。
元禄(げんろく)6年生まれ。入長定の孫。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。宮城流の宮本正之にまなぶ。詩文もよくした。勘定役筆頭までのぼるが,藩主真田幸道の不興をかい,延享2年隠居を命じられた。宝暦2年12月29日死去。60歳。名は貞営。通称は弥左衛門。別号に章可,見思堂。著作に「角総算法」「自省集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

入庸昌の関連キーワード和算家元禄

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android