コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入庸昌 いり ようしょう

1件 の用語解説(入庸昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入庸昌 いり-ようしょう

1693-1753* 江戸時代中期の和算家,武士。
元禄(げんろく)6年生まれ。入長定の孫。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。宮城流の宮本正之にまなぶ。詩文もよくした。勘定役筆頭までのぼるが,藩主真田幸道の不興をかい,延享2年隠居を命じられた。宝暦2年12月29日死去。60歳。名は貞営。通称は弥左衛門。別号に章可,見思堂。著作に「角総算法」「自省集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

入庸昌の関連キーワード渥美長六粟野信賢内田秀富岡部稠朶奥村邦具岸通昌栗田久巴宅間源左衛門滕良顕逸見満清

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone