入朝(読み)ニュウチョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐ちょう ニフテウ【入朝】

〘名〙 朝廷に参内(さんだい)すること。特に、外国の使臣などが、日本に来て朝廷に参内すること。
※続日本紀‐和銅二年(709)五月壬午「語曰。新羅国使。自古入朝」
※史記抄(1477)一五「斉悼恵王は、孝恵の二年に入朝せられた時に」 〔史記‐南越尉佗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報