入朝(読み)にゅうちょう

精選版 日本国語大辞典「入朝」の解説

にゅう‐ちょう ニフテウ【入朝】

〘名〙 朝廷参内(さんだい)すること。特に、外国の使臣などが、日本に来て朝廷に参内すること。
※続日本紀‐和銅二年(709)五月壬午「語曰。新羅国使。自古入朝」
※史記抄(1477)一五「斉悼恵王は、孝恵の二年に入朝せられた時に」 〔史記‐南越尉佗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入朝」の解説

にゅう‐ちょう〔ニフテウ〕【入朝】

[名](スル)外国の使節などが日本に来て朝廷に参内すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「入朝」の解説

【入朝】にゆうちよう(にふてう)

外国・属国の使臣が天子に謁見する。〔漢紀、文帝紀下〕時に梁王來す。太子と共に載(の)る。入するに、司馬門に下らず。()釋之(せきし)禁止し、入することを得ず。

字通「入」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android