コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入朝 ニュウチョウ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐ちょう〔ニフテウ〕【入朝】

[名](スル)外国の使節などが日本に来て朝廷に参内すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうちょう【入朝】

( 名 ) スル
属国や外国の使いが来て、朝廷に参内すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入朝の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)クトルク・ボイラ(骨力裴羅)南島(南西諸島地域)朝鮮のキリスト教宇漢迷宇屈波宇アジュ(阿朮)グエン・フエ多治比広成乳・入・柔西河 通徹中央新聞尾形月耕朝野新聞平安宮跡隼人司武烈王李継捧韓侂冑胡惟庸大祚栄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android