意趣(読み)イシュ

デジタル大辞泉の解説

い‐しゅ【意趣】

恨みを含むこと。また、人を恨む気持ち。遺恨(いこん)。「意趣を晴らす」
心の向かうところ。意向。
「格調高雅、―卓逸」〈中島敦山月記
無理を通そうとすること。意地。
「二人はわざと―に争ってから」〈有島生れ出づる悩み
理由。わけ。
「神妙に―を述べ、ものの見事に討たんずる」〈浄・堀川波鼓
意趣返し」に同じ。
「昨日の―に一番参ろか」〈浄・矢口渡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしゅ【意趣】

他人の仕打ちに対する恨み。 「 -を晴らす」 「 -を含む」 「 -があらば私をお撃ち、相手には私がなる/たけくらべ 一葉
心の向かう所。考え。意向。趣向。 「格調高雅、-卓逸/山月記 」 「全く別の-にあらず/保元 上・古活字本
意地。いきがかり。 「 -なればと思ひて/著聞 9
わけ。理由。 「神妙に-をのべ物の見事に討たんずる/浄瑠璃・堀川波鼓
意趣返し」に同じ。 「昨日の-に一番参ろか/浄瑠璃・神霊矢口渡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐しゅ【意趣】

〘名〙
① 心のむかうところ。意向。考え。仏教では仏の説法によって、平等意、別時意趣、別義意趣、補特伽羅(ふどがら)意楽意趣の四つを立てる。
※今昔(1120頃か)六「能尊王〈略〉事の趣きを問ひ給ふ。聖人、意趣を具(つぶさ)に語り給ふ」 〔法華経‐方便品〕
② 言わんとすること。意味。
※敬説筆記(18C前)「格物致知の詳なること、敬の意趣、『或問』に於て詳に著し」
③ わけ。理由。事情。〔吾妻鏡‐四・文治元年(1185)五月二四日〕
浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下「神妙に意趣をのべ物の見事に討たんずる」
④ 周囲の事情からやめられないこと。ゆきがかり。また、どうしてもやりとおそうとする気持。意地。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「大臣は此の世にても、随分意趣(イシュ)深かりし人なれば、苔の下迄さこそ思はるらめ」
⑤ 人を恨む心があること。恨みが心に積もること。また、その心。遺恨。
※江談抄(1111頃)二「貞信公与道明意趣歟」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「父の意趣(イシュ)を遂(とげ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意趣の関連情報