コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全アフリカ人民会議 ぜんアフリカじんみんかいぎAll African Peoples' Conference; AAPC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全アフリカ人民会議
ぜんアフリカじんみんかいぎ
All African Peoples' Conference; AAPC

アフリカ各地の政治団体の代表者を中心とした人民会議。 1958年 12月 K.エンクルマの招請によりガーナの首都アクラで開かれ,アフリカ全域から非自治地域を含めた 25ヵ国,62の民族主義政党団体の代表者が結集した。アフリカ全植民地の即時独立と統一,人種差別撤廃などを決議し,当時高まっていたアフリカの独立運動に大きな刺激を与えた。第2回会議は 60年1月チュニスで,第3回会議は 61年3月カイロで開かれた。政府レベルのアフリカ諸国会議と並んで,民間レベルのこの人民会議は,エンクルマの唱える政治的汎アフリカ運動の二大推進力となったが,エンクルマの失脚 (1966) ,政治的汎アフリカ運動の退潮とともに事実上消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全アフリカ人民会議の関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)パトリス ルムンバアフリカ開発銀行アフリカ諸国連合汎アフリカ主義ロベルトルムンバパドモアンコモ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android