コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全層施肥 ぜんそうせひ

百科事典マイペディアの解説

全層施肥【ぜんそうせひ】

水田の作土全層に窒素肥料が混入するように施肥すること。深肥とも。水田では湛水(たんすい)後,作土が酸化層と還元層とに分かれるが,表部の酸化層のみに窒素肥料を施すと微生物によって硝化作用脱窒を受け,遊離窒素となって土壌から失われる。これを防ぐため,深部の還元層にも肥料が及ぶようにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんそうせひ【全層施肥】

水田の作土層(耕起される土層)全層に窒素肥料が混合するように施肥する方法をいい,窒素肥料の脱窒を防止し,水稲による窒素の利用率を高めるのに役だつ。水田では土層のごく表層の部分は,空気中の酸素が灌漑水を通して供給されるために酸化的状態にあるが,それより下層では還元的状態にある。したがって水田作土層の表層のみに硫安のような窒素肥料が施されると,そこでアンモニウムイオン硝化されて硝酸イオンになる。それが水の移動に伴って下層の酸素の少ない還元的な層にうつると,そこで硝酸は脱窒され窒素ガスN2あるいは酸化窒素ガスN2Oに変化して大気中に揮散する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android