コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八大明王 ハチダイミョウオウ

デジタル大辞泉の解説

はち‐だいみょうおう〔‐ダイミヤウワウ〕【八大明王】

八方守護をつかさどる8体の明王。八大菩薩(ぼさつ)の変現。五大明王の不動・降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳金剛夜叉(こんごうやしゃ)に、穢迹(えしゃく)または烏蒭沙摩(うすさま)・無能勝・馬頭の三明王を加えたもの。
八大菩薩から現出した、降三世・大威徳・大笑・大輪・馬頭・無能勝・不動・歩擲(ぶちゃく)の8体の明王。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちだいみょうおう【八大明王】

正法を守り悪魔を降伏ごうぶくする八体の明王。五大明王に穢積えしやく・無能勝・馬頭を加えたもの。または、大妙金剛経では、降三世・大威徳・大笑・大輪・馬頭・無能勝・不動・歩擲ぶちやく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八大明王の関連キーワード大威徳明王馬頭観音不動明王八大菩薩正法降伏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android