コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八大明王 ハチダイミョウオウ

デジタル大辞泉の解説

はち‐だいみょうおう〔‐ダイミヤウワウ〕【八大明王】

八方守護をつかさどる8体の明王。八大菩薩(ぼさつ)の変現。五大明王の不動・降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳金剛夜叉(こんごうやしゃ)に、穢迹(えしゃく)または烏蒭沙摩(うすさま)・無能勝・馬頭の三明王を加えたもの。
八大菩薩から現出した、降三世・大威徳・大笑・大輪・馬頭・無能勝・不動・歩擲(ぶちゃく)の8体の明王。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はちだいみょうおう【八大明王】

正法を守り悪魔を降伏ごうぶくする八体の明王。五大明王に穢積えしやく・無能勝・馬頭を加えたもの。または、大妙金剛経では、降三世・大威徳・大笑・大輪・馬頭・無能勝・不動・歩擲ぶちやく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八大明王の関連キーワード大威徳明王馬頭観音不動明王八大菩薩正法降伏

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android