コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡宇佐宮御託宣集 はちまんうさぐうごたくせんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんうさぐうごたくせんしゅう【八幡宇佐宮御託宣集】

1313年(正和2)宇佐弥勒寺学頭僧神吽(しんうん)の撰した宇佐神宮縁起書。16巻。源平合戦により本縁起を紛失したので,1290年(正応3)より諸史料を収集し,託宣により八幡宮の起源,祭神などの縁起を記すが,いわゆる三韓征伐,道鏡問題にふれ,また仏教的な地方民間伝説より,宇佐中心の九州地方の神々についても記しており,八幡信仰の研究のみならず神道史研究上の主要書。宇佐神宮,筥崎(はこざき)宮,柞原(ゆすはら)八幡宮,東京大学史料編纂所等に写本がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

八幡宇佐宮御託宣集の関連キーワードムザッファル朝王禎農書年輪年代測定法県外避難者永保寺光厳天皇ボッカチオ後伏見天皇ペトラルカルクセンブルク朝

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android