コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡岬 はちまんみさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡岬
はちまんざき

千葉県南東部、勝浦市の太平洋岸にある岬。第三紀砂質凝灰岩からなる約40メートルの海食崖(がい)が続き、シイ、タブの暖帯林が繁茂する。平安中期の10世紀中ごろ上総介(かずさのすけ)興世(おきよ)王によって築かれたと伝えられる勝浦城は、のち正木氏に引き継がれ、1590年(天正18)豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻めの際落城した。現在は勝浦城址(じょうし)周辺を含め八幡岬公園となっている。近くに勝浦灯台や戊辰(ぼしん)戦争のときに沖合いで遭難した官軍130余人を埋葬した官軍塚があり、県史跡に指定されている。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八幡岬の関連キーワード千葉県勝浦市浜勝浦勝浦[市]勝浦(市)勝浦城

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八幡岬の関連情報