コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡岬 はちまんみさき

2件 の用語解説(八幡岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡岬
はちまんみさき

千葉県南部,勝浦市の南端で太平洋に面する岬。新第三紀層の砂質凝灰岩が削られて約 30mの海食崖をなす景勝地。岬の南端に八幡神社がある。岬の西側の入江が勝浦港。南房総国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡岬
はちまんざき

千葉県南東部、勝浦市の太平洋岸にある岬。第三紀砂質凝灰岩からなる約40メートルの海食崖(がい)が続き、シイ、タブの暖帯林が繁茂する。平安中期の10世紀中ごろ上総介(かずさのすけ)興世(おきよ)王によって築かれたと伝えられる勝浦城は、のち正木氏に引き継がれ、1590年(天正18)豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻めの際落城した。現在は勝浦城址(じょうし)周辺を含め八幡岬公園となっている。近くに勝浦灯台や戊辰(ぼしん)戦争のときに沖合いで遭難した官軍130余人を埋葬した官軍塚があり、県史跡に指定されている。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡岬の関連キーワード白浜千葉県勝浦市出水千葉県勝浦市興津千葉県勝浦市勝浦千葉県勝浦市串浜千葉県勝浦市墨名千葉県勝浦市芳賀千葉県勝浦市浜勝浦千葉県勝浦市法花千葉県勝浦市吉尾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八幡岬の関連情報