コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田知尚 はった ともひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田知尚 はった-ともひさ

?-1221 鎌倉時代の武将。
八田知家の子。建暦(けんりゃく)3年(1213)和田氏の乱で幕府方につき和田軍をやぶる。のち後鳥羽上皇につかえ,左衛門尉(さえもんのじょう)に任じられ西面の武士となる。承久(じょうきゅう)の乱に際し宇治川で幕府軍と戦い,承久3年6月14日戦死した。常陸(ひたち)(茨城県)出身。通称は筑後六郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八田知尚の関連キーワード安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範後藤基清惟明親王佐々木経高佐々木広綱

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone