八草(読み)ハッソウ

大辞林 第三版の解説

はっそう【八草】

漢方で用いる八種の薬草。普通、菖蒲しようぶ・艾葉よもぎ・車前おおばこ・荷葉はす・蒼耳おなもみ・忍冬にんどう・馬鞭くまつづら・繁縷はこべとされるが、異説も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐そう ‥サウ【八草】

〘名〙 八種の薬草。一般に菖蒲(しょうぶ)・艾(よもぎ)・大葉子(おおばこ)・蓮(はす)・葈耳(おなもみ)・忍冬(にんどう)・熊葛(くまつづら)・繁縷(はこべ)をいうが異説もある。〔庭訓往来(1394‐1428頃)〕
※譬喩尽(1786)一「八艸(ハッサウ)五木八草薬湯浴治病是也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八草の関連情報