コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八草 ハッソウ

大辞林 第三版の解説

はっそう【八草】

漢方で用いる八種の薬草。普通、菖蒲しようぶ・艾葉よもぎ・車前おおばこ・荷葉はす・蒼耳おなもみ・忍冬にんどう・馬鞭くまつづら・繁縷はこべとされるが、異説も多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八草の関連キーワード杵屋 勝五郎(6代目)愛知高速交通東部丘陵線リニアモーターカー磁気浮上式鉄道愛知工業大学名古屋(市)Linimo東部丘陵線伊吹山地薬湯忍冬異説

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八草の関連情報