コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊葛 クマツヅラ

デジタル大辞泉の解説

くま‐つづら【熊葛】

クマツヅラ科の多年草山野に自生し、高さ50~70センチ。葉は対生。夏、紫色の小花を穂状につける。乾燥したものを漢方で馬鞭草(ばべんそう)といい、月経困難・皮膚病・炎症などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くまつづら【熊葛】

クマツヅラ科の多年草。原野・道端などに自生する。高さ約50センチメートル。葉は対生し、卵形で羽状に分裂。夏に枝頂に細長い花穂を立てて、紫色の小花をつける。全草を乾燥したものを通経・消炎利尿薬とする。馬鞭ばべん草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

熊葛 (クマツズラ・クマノツズラ)

学名:Verbena officinalis
植物。クマツズラ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

熊葛の関連キーワードビジョザクラ(美女桜)クマツヅラ科バーベナ小川市練り鞭卵形原野通経