繁縷(読み)ハコベ

デジタル大辞泉「繁縷」の解説

はこべ【繁縷/蘩蔞】

ナデシコ科の越年草。道端などに生え、高さ10~30センチ。茎は斜め上に伸び、緑色で柔らかく、卵形の葉が対生する。春から夏にかけ、多数の白い花をつける。花びらは5枚で、深く二つに裂ける。春の七草の一。粥(かゆ)や汁に入れて食用とするほか、小鳥のにする。はこべら。 春》「カナリヤの餌に束ねたる―かな/子規

はこべら【繁縷/蘩蔞】

ハコベの別名。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「繁縷」の解説

はくべら【繁縷】

〘名〙 植物「はこべ(繁縷)」の古名。
※新撰字鏡(898‐901頃)「 繁縷細草也 波久戸良」

はこべら【繁縷】

〘名〙 植物「はこべ(繁縷)」の古名。《・春/新年》 〔観智院本名義抄(1241)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android