八重崎屋源六(読み)やえざきや げんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八重崎屋源六 やえざきや-げんろく

?-1749 江戸時代中期の商人。
越中富山の売薬行商始祖。富山藩主前田正甫(まさとし)の命により「反魂丹(はんごんたん)」を製造した薬種屋松井屋源右衛門手代をつとめる。藩主より同薬の諸国行商を命じられ,全国に販路をひろげた。寛延2年3月8日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

八重崎屋源六

没年:寛延2.3.8(1749.4.24)
生年:生年不詳
江戸中期の商人。越中富山町生まれ。富山売薬行商の始祖。天和3(1683)年岡山の医師万代常閑が反魂丹を富山2代藩主前田正甫に調剤献上し,城下の薬種屋松井屋源右衛門がこれを製造市販した。元禄3(1690)年正甫が江戸参勤のおり腹痛に苦しんだ三春城主に反魂丹を服用せしめるとたちまち治癒したので諸侯からの要望があり,松井屋手代の源六に売り広めさせるよう藩より命ぜられ,まず中国筋に行商した。当時海陸の交通が整いまた悪疫が流行したので全国に拡大していった。いたるところで信用を博したという。<参考文献>高岡高等商業学校編『富山売業史史料集』,植村元覚『富山県薬業史通史』

(植村元覚)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八重崎屋源六
やえざきやげんろく

生没年不詳。17世紀末、江戸時代の越中(えっちゅう)国(富山県)の売薬行商人の最初と伝えられる人物。富山の薬売りは富山藩2代藩主前田正甫(まさとし)(1649―1706)が始めたとされる。正甫は売薬の中核の「反魂丹(はんごんたん)」を松井屋源右衛門(?―1717)ら薬種商人に製造させ、反魂丹は手代や行商を業とする八重崎屋源六らによって、初め中国・九州地方に売り広められ、やがて全国に販路を拡大した。[内田 謙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android