コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八面山 はちめんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八面山
はちめんざん

大分県北西部,中津市北東部にある山。別称箭山 (ややま) 。標高 659m。耶馬渓溶岩に覆われた台状の山で,八方同じ形をしているところから八面山と呼ばれる。眺望はよく,山頂の旧噴火口跡には二つの池があり,北東に神功皇后応神天皇をまつる箭山神社がある。箭山彦の伝説の地,山岳仏教霊場として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

八面山の関連キーワードチンカン(井崗)山三光[村]高田富士三光

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八面山の関連情報