中津市(読み)なかつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中津〔市〕
なかつ

大分県北西端,周防灘に面し,福岡県に接する市。 1929年市制。 1943年鶴居村,大幡村,如水村の3村,1951年三保村,1954年和田村,1955年今津町,2005年三光村,本耶馬渓町,耶馬渓町,山国町の1村3町をそれぞれ編入。中心市街地は山国川河口の沖積平野に位置し,天正 15 (1587) 年黒田孝高が入部,以後,細川氏,小笠原氏,奥平氏の支配を受け,豊前中津藩の城下町として発達。伝統産業としては和傘,うちわがあるが,工業の主体は従来の繊維工業から製鋼および電子関連の先端科学産業に移っている。また,県下有数の米どころとして知られ,米作のほか野菜栽培,果樹栽培などが行なわれる。沿岸は遠浅で,干潮時には干潟ができ,ノリ養殖など浅海漁業が中心。内陸部は大部分を山地が占め,製材業,シイタケ栽培などが盛ん。市域中部,山国川中流域に名勝耶馬渓青ノ洞門があり,一帯は耶馬日田英彦山国定公園に属する。ほかに古要神社の傀儡子の舞と相撲 (国指定重要無形民俗文化財) を伝え,福沢諭吉の旧邸 (国指定史跡) ,中津城跡,池大雅の障壁書画多数をもつ大雅堂などがある。 JR日豊本線,国道 10号線,212号線,496号線,500号線が通じる。面積 491.53km2(境界未定)。人口 8万3965(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中津市の関連情報