公廨(読み)クガイ

大辞林 第三版の解説

くがい【公廨】

役所。官庁。官衙かんが。くげ。
公のもの。費用・物品・田地などについていう。くげ。

くげ【公廨】

こうかい【公廨】

役所。官庁。公衙こうが。官衙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐がい【公廨】

〘名〙
官衙(かんが)。役所の建物。
※律(718)賊盗「凡盗節刀者、徒三年、〈略〉宮城及官厨鑰、杖一百、公廨及国厨等鑰、杖六十」
② おおやけの物。官物(かんもつ)。公廨物(くがいもつ)
※令義解(718)雑「凡公廨雑物。〈略〉皆令本司自勾録
※続日本紀‐天平一七年(745)一一月庚辰「制、諸国公廨、大国四十万束、上国三十万束、中国二十万束」
※類聚国史‐八四・国儲・延暦一七年(798)正月三日「停止公廨、一混正税、割正税利、置国儲及国司俸
※日本後紀‐弘仁二年(811)四月甲戌「又割公廨息利、充堤所食料

く‐げ【公廨】

〘名〙 =くがい(公廨)色葉字類抄(1177‐81)〕

こう‐かい【公廨】

〘名〙 =こうが(公衙)〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android