コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公廨田 くがいでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公廨田
くがいでん

「くげでん」とも読む。公廨とは官衙のことで,日本の古代令制で官衙の費用にあてる田をいい,さらに官人に給する職田を意味した。『大宝令』では,大臣,大納言へ給する田を職分田といい,大宰府や諸国の国司,郡司などに給する田を公廨田といい,不輸租田であった。『養老令』では,この両者を職田と称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

公廨田【くがいでん】

職分田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くがいでん【公廨田】

8世紀初頭の大宝令における田制の一つ。在外諸司の大宰府官人と国司の史生(ししよう)以上に支給された田地。ただし,これは公廨(官庁)ではなく,官職に対して支給されたので,実質的には職田(しきでん)と区別がなく,養老令ではともに職分田(しきぶんでん)と呼ばれた。公廨田は不輸租田である。大宰府の官人には官職に応じて10町~6段,国司には2町6段~6段の範囲で支給された。公廨田には田の面積に応じて,大宰府は帥(そち)の20人から史生の2人まで,国司は8~2人の事力(じりき)が与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くがいでん【公廨田】

大宝令で、大宰府官人および国司に給された職田しきでんをいう。実質的には職田と区別はなく、養老令では職分田に統一された。くげでん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公廨田
くがいでん

「くげでん」とも読む。公廨とは官衙(かんが)を意味する。したがって公廨田は本来その田からの収入をもって官衙の用にあてる田を意味するが、わが律令(りつりょう)制では一部官人の俸禄(ほうろく)にあてる田として規定された。
(1)律令制下の広義の職田(しきでん)(職分田)の一種で、大宰府(だざいふ)や国司など在外諸司の官人に支給された田。大宝令での名称。養老(ようろう)令では、この在外諸司公廨田、大納言(だいなごん)以上職田、郡司(ぐんじ)職田の名称をすべて職分田と統一したが、養老令施行後も職分田の名称は用いられたことはない。不輸租田。大宰帥(そち)の10町を最高とし、諸国史生(ししょう)の6段を最低とする。その後、按察使(あぜち)その他の在外諸司にも支給。
(2)奈良時代後半になると、雅楽(うた)寮などいくつかの官司には勧学や尚武のためその財源として官司付属の田を設定したが、これも本来の字義に従って公廨田とよばれた。平安時代に入ると、律令財政の逼迫(ひっぱく)のため、このタイプの公廨田からの収入は、官人の人件費や一般的支出にあてられるようになった。[虎尾俊哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の公廨田の言及

【職田】より

…8世紀初頭の大宝令制で,中央の太政大臣・左右大臣・大納言に,その官職に応じて40~20町の範囲で支給した田地,および郡司に支給した郡司職田のことをいう。養老令では,これら職田と在外諸司の大宰府官人および国司に与えられた公廨田(くがいでん)を含めて,職分田(しきぶんでん)と称する。実質的には職田と公廨田は区分がなく,職分田と同一と考えられる。…

※「公廨田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公廨田の関連キーワード諸司田地子田均田制勧学田公廨稲公田地子借貸

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android