六博(読み)ロクハク

世界大百科事典 第2版の解説

りくはく【六博 liù bó】

中国古代の双六(すごろく)の類の盤上遊戯。その起源は,他の盤上遊戯同様,占卜と関係があったと思われる。6本の細長い箸(ちよ)(さいころの類)を投げ,その出た目によって局(碁盤)の上で棊(き)(こま)を動かして勝負を決める。棊は短い角柱状で,6個ずつ白と黒に分かれ,計12個あった。具体的な動かし方は不明。春秋戦国のころから行われ,漢代に入って最も流行した。近年,各地の墳墓から各種の六博の遊具が出土しているが,画像には,競技のさまを刻したものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろく‐はく【六博】

〘名〙 (一から六までの数があるところから) 采(さい)の目。また、さいころ。〔淮南子‐兵略訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる