コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六博 ロクハク

2件 の用語解説(六博の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろく‐はく【六博】

《一から六までの数があるところから》さいころ。また、さいの目。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りくはく【六博 liù bó】

中国古代の双六(すごろく)の類の盤上遊戯。その起源は,他の盤上遊戯同様,占卜と関係があったと思われる。6本の細長い箸(ちよ)(さいころの類)を投げ,その出た目によって局(碁盤)の上で棊(き)(こま)を動かして勝負を決める。棊は短い角柱状で,6個ずつ白と黒に分かれ,計12個あった。具体的な動かし方は不明。春秋・戦国のころから行われ,漢代に入って最も流行した。近年,各地の墳墓から各種の六博の遊具が出土しているが,画像には,競技のさまを刻したものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六博の関連キーワード絵双六室内遊戯双六双六打ち双六盤旅双六道中双六飛び双六盤上回り双六

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六博の関連情報