コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六博 ロクハク

世界大百科事典 第2版の解説

りくはく【六博 liù bó】

中国古代の双六(すごろく)の類の盤上遊戯。その起源は,他の盤上遊戯同様,占卜と関係があったと思われる。6本の細長い箸(ちよ)(さいころの類)を投げ,その出た目によって局(碁盤)の上で棊(き)(こま)を動かして勝負を決める。棊は短い角柱状で,6個ずつ白と黒に分かれ,計12個あった。具体的な動かし方は不明。春秋・戦国のころから行われ,漢代に入って最も流行した。近年,各地の墳墓から各種の六博の遊具が出土しているが,画像には,競技のさまを刻したものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

六博の関連キーワード七博士建白事件賽子・骰子

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六博の関連情報